huzai’s blog

「ぼっちの生存戦略」とか「オタクの深化」とかそういうことについて考えています。

異世界スマホはネット小説の集大成

「いや、若いのはいいと思う。若者は馬鹿だが、だれもそれを馬鹿にはできない。だれもがかつて一度は馬鹿だったわけだからな」 ―ライトジーンの遺産 話題になっていたので11話だけ見てみましたが、 モバゲーからなろう、にじふぁん、ハーメルンにアルカディ…

未来に向かう物語/打ち上げ花火、横から見るか?上から見るか?

――その思い出があれば、生きていけると思ったから。以下、感想・・・・・・? というよりも、こうだったらいいな、って。 なずな 彼女はまるで花火のように描かれる。 一夜で終わること、時折引き込まれる魅力を放つこと、レールの上にいること等。 だからこそ、彼…

ゆんゆんから学ぶべきただ一つの真実

「大体、子供の頃からああなのです。誘いを断わられるのが怖いのか、家のドアをノックして、あーそーぼーと言えば良いだけなのに、それが言えず。昼ご飯を食べた後は夕方まで外を一人でウロウロし、偶然知り合いに出会い、遊ぼう? と誘ってもらえるのをジッ…

人間未満

私は汽車を見るのが嫌いであった。特別ゴトンゴトンという貨物列車が嫌いであった。線路を見るのは切なかった。目当てのない、そして涯のない、無限につづく私の行路を見るような気がするから。 ――白痴 いずこへ 私のように周囲に頼りのない人間は、常日頃か…

【感想】魔法少女育成計画

魔法少女育成計画無価値なものはあっても、無意味なものはない・・・・・・はずだったのだけれど、 蓋を開けて全てを並べてみてみるとその内のほとんどは無価値で無意味なものだった。 ソーシャルゲームと同じで行為そのものを目的としているようなそんな作品。本…

【感想】魔法少女育成計画 2話 マジカルキャンディーを集めよう!

魔法少女育成計画清く正しく美しい魔法少女であるためには、 他の魔法少女を蹴落とさなくてはならない。 でも、そんなものが本当に魔法少女・・・・・・なのかな? ■概要 ファヴからこの街に増えすぎた魔法少女を半分にするために、 毎週一番マジカルキャンディー…

【感想】魔法少女育成計画 1話 夢と魔法の世界へようこそ!

魔法少女育成計画少女らしい幻想的な夢に包まれた魔法少女達の物語。 きゅうべぇみたいなハム太郎が出てくるところから物語は始まり、 少女たちが運命の螺旋に巻き込まれる様を描いていくような気がしている。 ■概要 魔法少女の目撃情報と共に広がる「魔法少…

けものフレンズについての雑感/備忘録

なんとはなしに語ることが憚られるコンテンツといえば……けものフレンズだろう。 ある新聞でも取り上げられたりした辺り、ある程度の「社会現象」なるものを引き起こしたのだが、 そのことについてとりたてて語ったりすることは、語ったりする人は少なかった…

社畜だってコンテンツになる

社畜。社畜。社会の畜生。 暦通りに働くことを余儀なくされ、 暦の外では静かに働くことを余儀なくされる存在。 触れられるものすべてが業務にさせられるそんな存在。 それが、それこそが社会の畜生たる、社畜なのである。かつての人類は労働時間をステータ…

夢に関する雑文

心に咲いた花はいつも気高く誇らしくこの世界に対して私は生きていると主張をしている。私達はこの花を枯らさないように努力をしなくてはいけないのだろうか。 人生は花を育てる事と似ている。どんな花を咲かせるのかはその人によっても変わるだろう。だが、…

朦朧とした言葉の羅列

意味なんかないよ。 夢のメモ書き虚無が私を覆い尽くす。世界は七色の光を持っていた。しかしその光は淡く遠くの空へと消えていった。その昔、世界には空が無かったl。それは、地球が無かったことの裏返しでもある。 地面があって初めて空が存在できる。地…

今更"君の名は"を観た感想

随分と時間が経ったのだからぽっぴんQぐらいの人の入りだろうとか、 SAOが映画化したのだからこんな作品みるやつもういないだろうとか、 そんな甘い考えを持って昨年から遠ざけていた"君の名は"を観てきた。結論から言ってしまえば、 こんな時期にも関わらず…

夏めろ summer melody にみる印象と解釈の違い。

「人は見た目が9割」なんて言葉が随分と昔に流行った気がする。 当時は、第一印象で人間というものが規定されてしまうなんて、 現実というやつはよほど不細工というものが嫌いらしい、とか思ったりしたものだ。だが、今回テーマに挙げるのはコンテンツの話だ…

ドロップフレーム 4巻  辿りついた先はBadEnd

"This story is not an end yet. Because only you are in the infinity loop."

2016年の清算【思考】-幸いを得るということ。

過去はそこに在る 人は時間を得ることで初めて過去を振り返ることができる。 繰り返し再現された出来事だけが当人の把握している「過去」として記憶されるため、 再現されることのなかった出来事は「無かったこと」になってしまうのである。例えば、私が『ア…

夏めろ/水上秋 少女の少女性は未成熟にある。

ACACIA SOFTから発売されたエロゲー。 ―忘れないで。 空がこんなに綺麗だったこと。 エモーショナルなキャッチコピーに対して、 取扱説明書の The エロゲー感が抜けきらない感じが エロゲー初心者である私の心に突き刺さる。 マブラヴとは異なった、真にエロ…

planetarian/ほしのゆめみの物語/死は救済/感想

この作品は「泣ける」作品です。 面白さの判断基準としての「感動」 planetarianについてツイッターなどで検索して必ず見つかる言葉が「感動した/泣いた」というものだ。 確かに、映画館に行ってみると場面が暗転した瞬間に鼻をすするオタクの音が響き渡る。…

世界の全ては認識だ

この世界を構成するすべてのものは『認識』されることによって存在する。 この世界を構成するすべてのものは『認識』されなければ存在することはできない。

言葉の羅列

言葉の羅列です。

ぼっちは世界を変えたがる

今日も明日も雑文ばかりを書き散らす。 多分、そうすることでしかこの曖昧な感情を外に出してしまうことはできないから。

"考えていない"なんてことを"考える"。

"人間とは考える葦である"とか、そんな話を聞いたことがある。 それが何を意味しているのかは知らないが、"人間とは考える生き物だ"ということには同意を示したい。

維持は退化だ、退化は死だ。

僕らの時計は止まったままで 過去に支えられて現在があり、現在があるから未来がある。 小学生の私の上に中学生の私があり、その上に高校生、大学生、社会人と続いていく。 そんなふうに、私達の人生を一本の道に例えてしまうと、未来はどんどん先細りしてい…

NTRとは言わないで―ネトラレミノル 感想

――― そんな名前だから叩かれるんだ。 広告の被害者か、あるいは・・・・・・ ―――ネトラレミノル

弱い自分と秘めた想い――マブラヴ

過去と現在が折り重なって 一人の人間ができ上がる。その過去と現在に優劣はない。過去があったから現在があることには違いはないが、 過去のために現在があるというわけではない。 その逆もまた然り。過ぎ去る時間の中で、 彼と彼女のたどり着く場所に僕ら…

F5幸福論

そのボタンを押すだけで ちょっとした幸福が得られる。 だから、僕らはそのボタンを押していた。 無駄な時間を省く素敵なエコシステム 読者にさえなってしまえば、その人がブログを更新するたびに プッシュ通知を送ってくれるなんて素敵な機能がはてなにはつ…

ドロップフレーム3 疑問点メモ書き

この作品は実にうまいこと出来ているらしい。 かつての私は「漫画ではない方がよい」なんてことを口走っていたようだが、 その言葉は撤回されるべきであると、今は思う。一つ一つの巻で常人が辿りつける場所が決定されており、 その次の巻ではそこを起点にし…

××っていう名前の亡霊さんに囚われて

過去って名前の亡霊さんに支えられてるみんなの現在(イマ) 現在(イマ)があるから未来がある 過去は未来への始まり 亡霊さんが成仏したら未来への糧ってやつになるのかしらね ――機動戦艦ナデシコ 第22話 「来訪者」を守り抜け? 現在を正当に評価できるの…

物を語るということ

――― 忘れるな、これが物を語るということだ。 ――― 作品について語るとき、我々は作品の一部を殺しているのだ。 ――なんて物騒な。 これはずっと、ずーっと昔から言っていることだけれど、 私が作品を語るとき、作品は私の型に切り取られる、のである。 つまり…

NTRに何を求めているのか

――― ①「言葉」は「物語」によって定義される。 ②「言葉」は「個人の願望」を映し出す。 ―――言葉というものは不思議なもので、 コンテンツが蓄積されるにつれてその意味や目的が曖昧になり、 その言葉が意味しているものが人によって異なるという状態を引き起…

生存報告と思考の整理

久しぶりにブログを書こうとすると、 なかなかに文章をまとめられないものだと感じる。 というわけでつらつらと文章を書きつける。ツイッター+αぐらいの認識でいてくれるとうれしい。実に最低な文章だ。 拗らせ男子の永久迷路 インターネットに身をやつして…