huzai’s blog

「ぼっちの生存戦略」とか「オタクの深化」とかそういうことについて考えています。

ライトノベル

セカイではなく、世界を描く  世界征服/至道流星

世界のすべてを書きたい そういって君は人間を切り捨てた ――ねぇ、まさか、この作品が真っ当だなんて思ってるの? ◆あらすじ 「世界征服。私、世界を統べる王になるの!」”人類史上最高の知能指数”を持つ絶世の美女水ノ瀬凛。零細企業の青年社長朝倉陣の会社…

時間商人―期間限定の不老不死

期待していたのと違ったので投げました ◆異なる時間を生きるということ一番期待していたのが、「異なる時間を生きる」ということであった。生きている時間が違うことによって生じる何かが見たかったのである。 【異なる時間】 周りの人間が同じ時間を共有し…

生きた証を残しますか?―終わる世界のアルバム

線路は続くよ、どこまでも ◆傷が生まれない距離感 傷つかない距離感っていうのは結構難しい。つまり、ぼっちとして活動できる距離感は難しいわけだ。 人は独りでは生きていけない。これは多分、ぼっちでも共有しているルールみたいなものだと思う。精神的に…

かくして僕は「本質」に逃げ込んだ

「本当」とか「本質」とかそういった目には見えない曖昧なものに何も無い僕は縋りついた。 ◆着飾る事は悪である。 俺は着ているものになんてこだわらない今どき珍しい硬派で他人にどう思われようが好きなものを着る、それが俺という人間だとぬかすか。 ―田中…

ユーザー罵倒 田中ロミオ

これは、田中ロミオのコラムの一節である。多くのオタクの心の闇を引きずり出して、中空へと投げ捨てる作品だ。だからこそ、私はこれを隣に置いておきたいと思う。 ◆美少女がうんぬん昨日、距離が遠いと理解ができない、なんて話をしたと思う。美少女がうん…

意味ではなく、価値を求める。

巷ではラノベ論争が流行っていた。 もうそろそろ落ち着いた頃だと思われるので、臆病な私は満を期して書くこととする。 以前の私はラノベというものが嫌いであった。平易で安易でテンプレで安直で、それでいてありふれたモノだけで埋め尽くされているラノベ…

自分の外側に正しさを委ねているかぎりホンモノは手に入らない

間違わないために、外側にある正しさに基づいて行動する。どこまでも間違っていないやり方は歪をきたして、自壊する。正しかった、正しかったはずなのにこぼれ落ちていく。サラサラと音をたてて。 比企谷八幡こいつのおかげで随分と長い間悩まされ続けてきた…