読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huzai’s blog

「ぼっちの生存戦略」とか「オタクの深化」とかそういうことについて考えています。

維持は退化だ、退化は死だ。

僕らの時計は止まったままで 過去に支えられて現在があり、現在があるから未来がある。 小学生の私の上に中学生の私があり、その上に高校生、大学生、社会人と続いていく。 そんなふうに、私達の人生を一本の道に例えてしまうと、未来はどんどん先細りしてい…

社畜の時間活用術

社会の畜生(以下、社畜)として生きている人間というものは面白いもので、 仕事から逃れることのできる「休日」を手にしても「何もしない」ことが少なくないという。社会で活躍しているであろう「社会人」なる人たちからすれば、 「どうしてせっかくの休日…

ぼっちの自分探し

自分探しは「あなたはそのままでいいよ」と言ってくれる 他人が現れた時に終わるという。つまり、ぼっちには攻略不可能な難題だというわけだ。 自己肯定 他人に肯定してもらえない人間は自分で肯定してあげるしかない。 インターネットを見てみると、自分で…

コミュニケーション能力について

コミュ力という幻想に捉われてしまうのは、 その人がぼっちだからだろう。 コミュ力とは何か? 正直な話、「コミュ力」とか言われてもよくわからない。広義なコミュニケーションの定義を少し出してみるとこんな感じだ。「記号=情報の伝達・交換によって、記…

人は一人では生きていけない

そういって、彼は私を突き放した。

作品を楽しむために

煮詰まるってのはさ、こーなってるんだよね。だから、広い景色が必要なわけ。――SHIROBAKO 世の中には様々な方法論が存在している。本屋に行けば「○×法」とか「△△を変える100つの法則」みたいに方法論が溢れ返っている。世の中には本当に必要なのか疑ってしま…

多様化しても世界は変わらない

■多様化なんて意味はない 最近の世の中では「多様化」なんて言葉が流行っているらしい。 そんな言葉が「流行っている」わけです。 「消費者の行動分析」なんてものをやれば、 確かに画一的なモノサシでは人間の行動を図れなくなったのかもしれない。 だけど…

作業の邪魔になる素敵な音楽

音もSFになる ―blacksheep ∞-メビウス- アーティスト: blacksheep 出版社/メーカー: velvetsun products 発売日: 2013/08/18 メディア: CD この商品を含むブログ (2件) を見る 音楽には2種類ある。 一つは、「何かを載せる音楽」 一つは、「世界を持った音楽…

新入社員は天然のピエロ

踊っているのでないのなら 踊らされているのだろうさ ―狐と踊れ 神林長平 狐と踊れ (ハヤカワ文庫JA) 作者: 神林長平 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2010/04/05 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 20回 この商品を含むブログ (18件) を見る 狐と踊れ …

取り敢えず行動しろ、なんて嘘さ

事実を抱いて溺死しろ 節目としての時間が刻一刻と迫りつつあります。 多くの人にとって、4月というのは何かしらの意味を持っています。 新しい学年の始まり、新社会人の始まり、新たな年度の始まり。 4月とは何かが始まる時期です。 そこで、今回は「行動」…

釣竿で人は救えるか

釣竿は何のためにある。 コンテンツ ◆釣竿を見せびらかすおにいたんへ ◆魚は何処 ◆自戒と読書の為

僕は美少女に頭を垂れる

この変態!der変態!変態大人! THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -SECOND SEASON- 01 水瀬伊織 アーティスト: 水瀬伊織(CV:釘宮理恵) 出版社/メーカー: 日本コロムビア 発売日: 2011/05/25 メディア: CD 購入: 3人 クリック: 72回 この商品を含むブログ …

感情が減退する。

100年ほど前の世界には「ブログ」なるものがあったらしい。そこでは、自身の感情の動きを自由に表現することが可能だったし、それを通じて他人と感情をぶつけ合うことだってできたそうだ。昔の人はなんて贅沢だったのだろう。 ーーー僕達人類は緩やかに感情…

無口は無知

無口は無知であるからだそうだ。男は黙って背中で語るものであるそうだ。つまり、男は馬鹿であるべきなのだ。(暴論) 「無口は無知の象徴である」なんてことは、多くの意識高い系サイトで目にする言葉である。コミュ力、人脈、ブレストを至上命題とする彼ら…

意味ではなく、価値を求める。

巷ではラノベ論争が流行っていた。 もうそろそろ落ち着いた頃だと思われるので、臆病な私は満を期して書くこととする。 以前の私はラノベというものが嫌いであった。平易で安易でテンプレで安直で、それでいてありふれたモノだけで埋め尽くされているラノベ…

その恋は無価値

物事の価値が無くなる瞬間っていうのは、未来が無くなったときだと思っている。 これまで多くの終末論を目にしてきた。今回のことを考えるのにいいのは「終末のフール」だろうか。内容はうろ覚えだが、数年後に隕石が衝突して地球は消滅する。そんな事実が発…

リアル多忙という欺瞞

「リアル多忙」 実にいい言葉である。ネットなど現実に付随するおまけであって、リアルに従属するものでしかないという感じがビンビンしてきてとてもいい。加えて、ネット上の誰もが気にもかけない「現実」を匂わせる事はささやかな優越感と、俺リア充感を漂…

記憶と思い出と個人

人生とは記憶である 常識がこれまで集めてきた偏見であるように、人生もまたこれまでかき集めてきた記憶であるのかもしれない。記憶を失ったとしたら私は私でいられるのだろうか。 ◆記憶と思い出記憶と思い出は似ているけれど、少し異なっています。記憶は事…

『言葉』に関するあれやこれやそれや

言葉は私で出来ている。どこまでが私だろうか。 ◆言葉と回路言葉というものはそれに対応する「回路」があって初めて意味を創出する。言葉そのものに意味は存在しない。言葉に意味を付けるのはいつだって人間だし、価値を付けるのも人間だ。 回路とは、すなわ…

最適化の果てに

今回はただの妄想です。 ◆現代技術の進歩の先にマーケティングの一つに「CRM」というものがある。これが進歩していった先には「個客対応」が可能になると予想される。もちろん、そのためには生産側も「個客対応」できるようにならなくてはいけないのだけ…

刺激を刺激で塗りつぶす

刺激は刺激で塗りつぶしてしまえます。より強い刺激ならば簡単に忘れられる。 別にお薬の話がしたいわけではありません。お薬とは違って普通の学生ですらやっているし、多分社会人もやっているんじゃないだろうか。 刺激を刺激で塗りつぶす。 ◆無料の「刺激…

言葉の檻に囚われて

言葉ばかりを追っていると、言葉の檻に閉じ込められてしまう。 この言葉は現在見ている人、もしくは見た人にはなじみ深いものではないだろうか。 五線譜の檻に閉じ込められる。白と黒の鍵盤で世界が覆い隠される。 それと同じように、言葉ばかり追っていると…

意識高い系と意識が高い人

君は彼らを馬鹿にするが、それは頑張らなくてもよい証明にはならない。 意識高い系 最近になると、「意識高い系」とか「意識が高い人」とかいう話を耳にするようになりました。意識が高いとか低いとかよく分からないことをいうものだと思ったものです。高す…

考えることをアウトソースする

僕が考えたって仕方がないじゃないか。 それ以上のことがここには書いてあるんだから。 最近は凄く便利になりましたよね。 学業の課題を自分が聞くまでもなく知恵袋で聞かれていたりするご時世です。 ゲームの攻略法が分からなければ、ネットで調べるか、動…

情報量はパワーだぜ!

養老―そもそも、情報っていうのは間引かないとパワーがない。使えないんですよ。 脳という劇場 p88 脳という劇場 唯脳論・対話篇 作者: 養老孟司 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2005/09 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (4件) を見…

貴方の普通は私の特別

貴方にとって普通なことは、私にとっては特別なことです。 私にとって普通なことは、誰かにとって特別なことです。 ◆世界の普通 社会一般からみた「普通」という基準に達するのには「努力」が必要になります。 「普通の学生生活」を送るには、「普通の学生」…

好きな事なんて何も無い・・・私には何も・・・

前回 “趣味”の見方を変えることで、6割くらいの人が救われる、という風に書かせてもらいました。見方を変えても救われない4割の人は何なのか、どうしたら救われるのか、ということについて今回は書こうと思っています。 まず、4割の人について言うと、彼らは…

人様に言える趣味

「ご趣味はなんですか?」そう聞かれると、困ってしまう人は少なくないと思います。私もそのうちの一人でした。もちろん、好きなものや興味のあることはあります。ただ、それが“趣味”として受け入れられるのか、という問題があります。 一般的に趣味というと…

同じところをグールグル

グルグル回ると聞いて何を考えたでしょうか。私はマリオのクッパステージを思い出しました。因みに、友人はほむらちゃんだったそうです。エンドレスエイト何かはもう過去の思い出になってしまったのでしょうか。 人間という生き物は思っている以上に同じとこ…

行動力は時間で回復するか?

ここ数年の間で、色々なスマホゲームをやってきた。パズドラを始めに、色々なゲームをしてきました。私がプレイしてきたゲームに共通しているのが「スタミナ」というシステムで、主人公(プレイヤー)が行動するのに必要なモノが時間によって手に入るという…