読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huzai’s blog

「ぼっちの生存戦略」とか「オタクの深化」とかそういうことについて考えています。

プラスティックメモリーズ 7話 彼らはどこにいる?

 

 

地球か、国か、街か、あるいは・・・

 

 

■ワンダラーはなかったことに

過剰な戦闘力、極太レーザー、あれらとは無縁の世界が広がる。

現状を見ていると、ああいう大枠としての世界を描く必要があったのか、と思う。

別にそんなことはしなくてよかったようにしか思えない。

 

別に、何かのテストじゃないんだ。

彼女にとって「不必要な定理」は省いてしまえばよかったのに。

 

■ターミナルサービス

ターミナルサービスという「仕事」にスポットが当たったのは何時だろう。

外側の事象を内側に引きずり込むやり方、はよくある話である。

だが、外側が軽んじられすぎているような気がしてならない。

内側のために用意された存在、なんていうとどこぞの誰かが出てきそうですね。

 

■アイラはワンダラーになれるのか

アイラのスペックは逓減していた、と記憶している。

彼女なら「ワンダラー」になっても危険ではないのではないか、と思う。

 

とゆーか、彼女のスペックが逓減している理由は何なのだろうか。

「人類未到産物」なのかしらん。それだとターミナルサービスにいる理由が分からんな。

 

■回収先

そういえば、「回収先」については明言されていなかったように思う。

ギフティアは「回収」された後に、どうなるのだろうか。

時間を過ぎても「過剰な戦力」に成り得る彼女たちは、ただ捨てられるだけなのか。

「心」が問題ならば、ソレを壊してしまえばいい。

「パーツ」が問題ならば、ソレを削げ変えてしまえばいい。

スペック自体に問題がないのならば、ソレが表に出さえしなければ、

何の問題にもならないだろう。

 

■積み重ねるには遅すぎた

もし、12話でなかったならば、もっとスマートに纏まっていたのだろうか。

今のままだと、無駄に広げられたか、無駄に縮められたようにしか思えない。

 

■もうすぐでダメになる。

アイラに残された時間は後1ヵ月ほどらしい。

だが、それよりも先に私の興味が薄れ始めてきている。

このまま進んだとしても「嘘」としか思えない。

作品として死んでしまっているんだ。

 

 

 

手のひらをクルリと返したくなる展開を切に望む。