読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huzai’s blog

「ぼっちの生存戦略」とか「オタクの深化」とかそういうことについて考えています。

成長と文法

ブログ 文章


―――
ナニカを作らなくても
作り手の気持ちになることはできる。
ただ、作った方が腑に落ちるというだけ。
―――

文法というやつは
ゼロから構造を考える手間を省き、
カタチに沿って要素を組み合わせるだけで、
セカイに届くだけの成果を我々に与える。

文法というやつは
我々から嗜好や試行を奪い取り、
最後には思考そのものを喪失させる。
我々が最も憎むべき「敵」だ。

文法とは何か

―――
私は何時になれば現在を勉強できるのだろう。
学校が教えてくれるのは過去と常識だけ。
いつになれば未来に向けて歩けるのか。
―――

私は文法を
「やり方」「メソッド」「解法」などと捉えている。
その根幹にあるのは、「表現の方法」だ。

ブログの書き方にも文法は存在している。
イラストを挟みギャルゲーテイストのようなものもあれば、
ただただ文章を書き続けるものもある。

また、文章と一言で言っても
「会話形式」や「小説形式」、「散文的」「論文調」など様々である。

あぁそうだ、漫画やイラストというのもあったか。

ブログ一つをとってみても、文法は様々である。
そして、どの文法が「正しい」ということはない。

【文法に正解はない】


「対象をどのように表現するのか」
それは、個人の自由であり、個人に即した表現方法がある。


つまり、
【文法とは、私が対象を表現するためのやり方】である。

テンプレートの利用

―――
テンプレート乙
―――

文法を語る上で切って離せないものが「テンプレート」である。
テンプレ―トについては、私は以下のように捉えている。

【テンプレートとは、セカイが共有する文法である】

その利用は、「表現」にかかる手間をカットし、伝達性を高める。

「この度は本当に申し訳ございませんでした」
「毎朝味噌汁を作ってくれないか?」
「一緒に行ってあげてもいいんだからねっ!」

文法が共有されているからこそ、
必要以上に表現に凝る必要が無いまま伝える事が出来る。

テンプレートに頼り切ることのまずさ、は以前書いたと思うので少しだけにしておきます。

テンプレートは共有されているからこそ、共有されている情報しか伝える事はできない。
「どうしてその言葉に到達したのか」という『本心』が欠落してしまう。
伝えたい想いこそが欠落してしまうんだ。

だからこそ、
簡易的なことにだけ「テンプレート」を利用するべきだと思っている。

私の文法の確立

―――
文法とは世界を解き明かす鍵だ。
私だけの鍵を手にするにはどうすればよいか。
―――
大きく二つのステップがある。

① 他人の文法を踏襲する。
  テンプレートや尊敬する他人の真似をするということだ。
  すでに誰かが作り上げている文法を踏襲することで、
  うっすらと自分の文法というものが見えてくる。
 
  だが、ここで一つ気をつける必要がある。
  それは、
 
  【「私」を見失わないこと】
 
  私を喪失してしまっては、他者の文法は他者の文法でしかなくなる。
  あくまでも、表現をするための手助けに留めておく必要があるんだ。
 
  【他人の文法に自分の表現を載せていく】
 
  【自分の表現に合うように、文法を組み替えていく】
 
  それが1つ目のステップ。

② 自分の過去を見つめ直す。
  思っているよりも大切なのが「過去」である。
 
  【過去を視ていなければ「成長」も「退化」も感じないでいられる】
 
  過去を視るという行為は、現在との違いを実感させる。
  「あの時はこんなに馬鹿だったのだ」と思えたならば、成長している証である。
  「あの時のほうが良いことやってる」と思えたならば、退化している証である。
 
  【『変化』は現在を実感させてくれるよい薬である】
 
  変化は刺激となり、私自身を変化の方向へと押し上げる。
  それ故に、過去から変化を感じる事は有益なのである。
 
  だが、それ以上に良く視るべきは「変わっていない」ところである。
  文法において「変わらない」ということは由々しき事態である。
 
  変わらない部分というものは、
  「慣れ」や「甘え」で表現しているということだ。
  慣れた文法に感情を押し嵌めてしまっている、ということだ。
 
  【「慣れ」は慣性を鈍化させる】
 
  過去を視なければ、甘えているという事実にすら気が付けなくなる。
  だからこそ、過去を見つめ直す必要があるのだ。
 



自分の文法を持つということは、
文法を自由自在に操ることができるということである。

つまり、

【文法に表現が制限されなくなる】

それこそが、個人が到達すべき文法である。

広告を非表示にする