huzai’s blog

「ぼっちの生存戦略」とか「オタクの深化」とかそういうことについて考えています。

夏めろ/水上秋 少女の少女性は未成熟にある。

ACACIA SOFTから発売されたエロゲー


―忘れないで。
空がこんなに綺麗だったこと。


エモーショナルなキャッチコピーに対して、
取扱説明書の The エロゲー感が抜けきらない感じが
エロゲー初心者である私の心に突き刺さる。


マブラヴとは異なった、真にエロゲーと呼ばれる作品。
マブラヴにあった恋と愛とは別次元に置かれたエロに関する物語。
エロゲーらしいエロゲーである夏めろエロゲー童貞を奪われた私の感想である。


一言でいうとこんな感じ。
f:id:huzai:20161204102017j:plain



コンテンツ
夏めろはどんなユーザーを想定しているのだろうか。
エロゲー主人公について
文学少女×スポーツ少女=少女=水上秋
・感想―これはリア充の夏休み-



夏めろはどんなユーザーを想定しているのだろうか。

スクリーンショットが撮れる、というのはエロゲーにおいては重要なことだ。
大事なシーンやムフフなシーンを画像として残しておけるというのはとてもうれしい。
しかし、この作品のスクリーンショットは「言葉」を残しておくことができない。
 

こんな感じでスクリーンショットが撮れます。
f:id:huzai:20161204102214j:plain


そうなってきてしまうとこの機能の使いどころがほとんどないのである。
エロシーンをスクリーンショットに収めるぐらいなものだ、と思う。
・・・・・・エロゲーならそれでいいのか。


その他にも、フォントが選べるという無駄機能が付いており、
こころが強く揺さぶられる。
ヒラギノでないと、メイリオしかダメなの。等というクレームが入ったのだろうか。


逆に感心したのは、"主人公の「仮性包茎」をON(強く推奨)"や"そしてあんよの靴下着脱の選択可能!"という言葉と機能だ。
エロゲーの努力はこういうところに生きているのだろうか。差別化の戦略がみてとれる。

また、学校ではなく学園と記載し、キャラクターのプロフィールには年齢を記載しない等
エロゲーは多くの敵と戦っているのだ、とわかる。
そしてその多くの敵に殺されてしまったのだ。悲しい。



エロゲー主人公について

時折どこで仕入れたのだ、という知識を披露するのが主人公である。
物語のどこにも関わってこない(水上√以外はまだ知りません)棕櫚(ワシュロ?)や、
スタージョンの法則、夾竹桃など、私の知らない言葉が頻出する。


昔のオタクが博識であったのは、おそらくこういうことなのだろう。
エロゲーにはちょこちょことした雑学がキャラクター性とともに差し込まれている。
彼女たちと会話をすることによってオタクたちは雑学を身に着けていったのであろう。


そのほかに気になった言動は、丁寧語に関する使い方である。
夏めろの主人公はエロシーンに入ると丁寧語を使用するようになる。
つたない、たどたどしい言葉は他者を敬うために用いられるのではなく、
「私はおまえよりも上の人間だ」ということを主張するために使われる。


水上秋とのエロシーンではまさにその用法が使われている。
エロ界隈ではよく用いられる「××ちゃんはいけない子だ。」に始まる
女性を男性がかわいがるという構図を際立たせるためにが用いられる。


「女の子が・・・・・・男に可愛がってほしいのは・・・・・・自然なことなんだから


男性の支配欲を満たすための言葉遣いがここにはあるのである。
また、それに類する行為としては質問⇒回答という形式にも表れている。


 「おち●ちん、欲しかった・・・・・・?」
 「欲しかった・・・・・・ですぅ・・・・・・」


ここでの質疑応答は、
質問者と回答者として立場を明確にさせ、
そのうえで自身の立場を自身の口で言語化させることで、
自身の立場と状況を認識させる儀式のようなものである。


その後に続く命令⇒実行の図式はさらにそれを強調したものであり、
支配者と被支配者という構造を確かなものにするわけである。


上記を総じてエロゲーの主人公について考えると、
主人公とは、他者(≒女性)に対してマウントを取れる人間である。


閑話休題。以下本文。

文学少女×スポーツ少女=少女=水上秋

水上秋とは小説が好きで、走ることも好きな主人公の後輩である。
東城綾鷺沢文香のような破壊力のあるソレは持ち合わせていないものの、
文学少女×後輩という属性で多くの男性の心を引くことができるだろう。


f:id:huzai:20161204110408j:plain


そのうえに、走ることも好きだというスポーツ属性まで兼ね備えているのである。
文学×後輩、スポーツ×後輩そのどちらかに転んでしまったとしても外れはないだろう。
私はそう確信していたのであるが、その先にあったものは"少女"という言葉だけだった。


私が違和感を感じたのは以下の台詞である。


「こんなご都合主義なこと、あるわけ・・・・・・信じられない・・・・・・」
「うう、だって・・・・・・こんなこと・・・・・・」
「私、なんにもしてないんですよ?」
「それなのに、優しい先輩が声かけてくれて、私のことわかってくれて・・・・・・」
「しかもデートに誘ってくれて、告白してくれるなんて・・・・・・!」
「絶対少女マンガですよ!ご都合主義すぎます!」

f:id:huzai:20161204113711j:plain


告白された直後に出てくるセリフ。
動揺とともに現れる言葉には当人の本質が宿るものである。
その先に出てきた言葉が「絶対少女マンガですよ!ご都合主義すぎます!」という言葉。


その瞬間に私は彼女は少女だったのだと理解をした。
図書館に出没する、現代文学を読んでいるなどという理由から
私は勝手に彼女を文学的な少女だと思い込んでいたのである。

「彼女とは××である」というレッテル張りをして彼女の事をわかった気になっていたのだ。
勝手に期待をしてしまっていたのだ。彼女に対して。

そこから先は"文学少女 水上秋"ではなく"少女 水上秋"と認識される。
名前で呼び合うことに喜びを感じ、ふとした拍子に甘える少女。
そこには文学性も運動もなく、未成熟な少女として水上秋が現れる。

「女の子の服は、脱がすためにあるんですよ?
  先輩もそのつもりで買ったんでしょ?」

そして、水上秋から綴られる物語の終着点は
自身の在り方の認識と明確化で迎えられる。


「楽しい夏でしたね・・・・・・」
「こんなに楽しかったのは、ホントに久しぶり・・・・・・」
「小さい頃は男の子とよく遊んでたけど、私が女の子だってだけで
  みんな遊んでくれなくなっちゃって・・・・・・」
「それからはずっと部活ばっかりでしたけど・・・・・・」
「先輩と会って、違う楽しみもあるんだってわかりました」
徹生
「あはは、部活のジャマになってないといいんだけど」

「いいんですよ、そんなこと・・・・・・」
「昔は走ることぐらいしか、自分の価値を感じられることがなかったんです」
「でも今は先輩がいるし、そんなに頑張らなくてもいいんだって
  思えるようになりました」

これまでの水上秋という少女は
主人公に対して流されるままにこの夏休みを過ごしてきた。
出会いも、会話も、告白も、エッチなことも、全て主人公とともに、
流されるように行動をしてきたのである。

そんな彼女が主人公との対決を通じて自身の中にある譲れない一線を見つけ出すのである。

この構造は主人公がエロシーンでとってきた質問⇒回答の明確化の構造と類似している。
エロシーンが質問を通じて彼女の立場を明確化したのに対して、
今回は主人公との対決を通じて、彼女の心の在り方(譲れない一線)を明確化している。

曖昧な結論に対して自身で線引きをした彼女の姿にそれが現れている。
f:id:huzai:20161204111119j:plain




・・・・・・少女の少女性とは"未成熟"という言葉に尽きる。
そして、それを物語のうえで体現させるためには"成長"が必須なのだ。

水上秋の物語は少女を体現するための物語であった。

感想―これはリア充の夏休み-

いかようにでも解釈はできるが、コレはリア充の夏休みである。
私が求める面倒くささはここにはないのだ。