huzai’s blog

「ぼっちの生存戦略」とか「オタクの深化」とかそういうことについて考えています。

嘘と労働

 自動スクロールのアクションゲームって、時間に押されて進んでいくと大抵飛距離が足りなくて死ぬじゃないですか。走りだそうと思ったらもう目の前には崖が迫っていて、いざ飛ばなくちゃと気を入れたときにはもう距離がたりなくて、先のステージを夢見ながら落ちてしまうじゃないですか。まさにあんな感じなんですね。労働って。
 自分が新人だと思っていた時間はいつの間にか消え去っていて、新しく入ってきた新入社員に看取られながら、落ちるしかない崖の手前でジャンプをするしかなくなっていて、できない理由を外に見つけようにもどうしようもないくらい自分の情けなさだけがただあるので、できるだけ笑われないようにジャンプするんです。そうすると崖の手前で「もっと頑張れ」とリスタートさせられて、延々と飛び越えられない崖に向かってジャンプしていく。そうこうしている間に後ろで見ていた人間が自分の目の前を軽やかに飛んで行ったりする。鳥は鳥でも飛べない鳥はなーんだ。それはひとりという鳥だ。飛べない鳥は羽を毟られて唐揚げになるしかないんですが、誰もひとりなんて食べようとは思わないんです。だから、ただただ自分の肉体が腐っていくのを見ていくことしかできない。あの柵の向こうに跳ぶこともできやしないから。醜く腐り果てていく身体をみるために私は生まれてきたんでしょうか。自分の肉を腐らせて周囲のものをゆがませて、そんなことのために私は生きているのでしょうか。もしそうならば平成よりも先に終わりたい。
 労働、労働、労働。大変なんですね。最近はもうずっと、公式を知らないままに問題を解こうとしているような気分で胸がいっぱいになります。バカは死ななきゃ治らないといいますが、たぶんそれはバカが言った言葉ですよ。私はあなたとは違う人間です。もうあなたのようには慣れないので終わりにしてほしい、と。それがいつの間にか逆転してバカは死ななきゃ治らないという嘲笑に代わり、初手自殺が最適解になるわけです。これでみんな幸せになれる。
 嘘、嘘、嘘。嘘に嫌われていたいですか。そうですか。優しい嘘でも何でもいいですから、私の前では全部本当のことみたいにしておいてほしいです。もういいじゃないですか。嘘とか本当とかそういうの。どっちにしてもいいことなんてないんですから。嘘でも本当でもなんでもいいので、誰か私を助けてよ。
 祈り。これから先どれだけの無力感を積み重ねていくのだろう。無力感が積み重なるほど、齢を重ねるほど、少しずつ自由と自在が失われていき、いつしか自分の身体も思うように動かせなくなる。時間をかければできることなら布団を燃やしたりしてもいいんですが、時間をかけてもできないことなら何を捨てればいいんですか。時間がすべてを過去にしてくれる。それが唯一の救い。時間は祈りだ。ありとあらゆる現象を誰も手を出せない、物理的に手のくわえられない過去に追いやってくれる。時間は現象を風化させ、私のミスも過ちも全部誰も手を出せない場所にもっていってくれる。終わり、終わり、終わり。もうその先には何もない。人間なんて生きていたって意味がないじゃないですか。どうせ自然の美しさには負けるんだ。だったら全部投げ出して消えてしまえ。そうだ、きっとそれがいい。空想も幻想も現実の讃美歌に過ぎないならば。全部終わればいい。

学生ぼっちと社会人ぼっち

 ぼっちの皆様いかがお過ごしでしょうか?

 今年入社された方はきっといつの間にか形成されていたLINEグループに驚いているころかと思います。実は内定式の後に貴方のみんなは飲み会をし、入社式が始まるよりも前に何度か遊んだりしています。知らなかったでしょう。何かを始めることに遅すぎることはありませんが、出遅れれば出遅れるほど追いつくのは難しくなるものなので、もう人間関係にはあきらめたほうがよいかと思います。どうせ部署やプロジェクトが変われば関係性を持つことはありませんし、彼ら彼女らが仕事をくれるわけではありません。むしろ新入社員への教育が評価基準に組み込まれている上司に目を向けるべきで、そこにしか救いはありません。頑張りましょう。一緒に。

 

 ただ、学生ぼっちを過ごしたからといって社会人ぼっちはまた別なものです。

そこで、二つの作品をしょうかいしながら「学生ぼっち」と「社会人ぼっち」の違いを紹介していきます。

 

学生ぼっち / ぼっち・ざ・ろっく!

ぼっち・ざ・ろっく! (1) (まんがタイムKRコミックス)

ぼっち・ざ・ろっく! (1) (まんがタイムKRコミックス)

 

 

ポイント①他力本願

f:id:huzai:20190402221100p:plain

ぼっちは基本的に誘いを断わられるのが怖いので、自分からノックをすることができません。このすば!のゆんゆんが「昼ご飯を食べた後は夕方まで外を一人でウロウロし、偶然知り合いに出会い、遊ぼう? と誘ってもらえるのをジッと待つ子」であったように、ぼっちは常に待っているのです。声をかけられるのを。

f:id:huzai:20190402223651p:plain

話の振り方なんて、もちろんわかりません。

f:id:huzai:20190402222341p:plain

その分、声をかけられたときのための『予習』を怠らない。

自分から行動できない分普通の人よりも格段にチャンスが少ないので、その少ないチャンスをものにするために徹底的に予習をします。大抵の場合はそれが発揮されることなく終了しますが、もしチャンスが到来しても空回りして終了します。悲しいです。

 

だがしかし悲しいかな。

コミュニケーションが他力本願のため、声を発する機会がほとんどなく、「声がでない」ことが多々あります。

f:id:huzai:20190402221821p:plain

絶望先生でも同じような話があったかと思います。

ぼっちは自分から言葉を発することはないので、休日などを挟むと声を出さない時間が長すぎたせいか、声の出し方を忘れたり他人との話すときの声量を忘れてしまい、声が出なくなるのです。

そのため、無駄に音読などをして普通の人が一日に使う声をカバーしてなんとか声を保つようにしたりするものです。

 

ポイント②成功体験が圧倒的に欠如している。

f:id:huzai:20190402222748p:plain

ぼっちの過去は基本的に「黒歴史」です。

他人から話しかけてもらうために、人と違うことをしてアピールをするとかぼっちが思っている面白い人の真似をする、といったことをして気づき上げてきた「イタイやつ」という印象は捨て去るべき黒歴史でしかありません。

ぼっちに残された唯一のリセットチャンスは進学のタイミングのみ。

自分に対するマイナスな評価をリセットするためにも誰も過去の自分を知らない場所に進学しようとします。ここで大事なのは「誰も」というところです。誰か一人でも過去の自分を知っている人間がいる場合には、「マイナスな自分」がどうしても拭いきれなくなってしまうものです。

そこから学習して受け身な姿勢が強化されていくわけです。

f:id:huzai:20190402224047p:plain

一方で、成功体験に対してぼっちはチョロいです。

ぼっちは基本的に行動を起こさないため、成功体験が他者に比べて圧倒的に少ないです。なので、ちょっと頑張れると頑張れるような気がしてすぐに調子に乗ります。自分からみたら大きな一歩だとしても他人からしたら小さすぎる一歩だったりするんですが、比較する対象がいないので気が付かないんですよ。いいじゃないですか。それくらい。

f:id:huzai:20190402225253p:plain

あと、成功体験以前の問題として、普通の人間が他人とのコミュニケーションで獲得してきた普通の選択肢を知らないうえに、コミュ症の自分にできることを考えると極端な選択肢しか残らないことが挙げられます。

他の人間が配られたカードを交換しながら物語を進めていく中、一人手持ちのカードで戦うしかないんです。頼れるものは家族だけ!・・・となるとこれでみんな幸せになれる、という選択肢しかとれないですよ。

ポイント③馴染めない

f:id:huzai:20190402233222p:plain

「この街に慣れていない」という感覚はとってもぼっちぽいです。

オタクが黒い服を着た人間の多い秋葉原を歩くと安心したのと似たようなもので、近くに知っている自分を害さない「慣れた」ものがあるというのはとても大事なことです。

f:id:huzai:20190402233902p:plain

トイレは不良染みた人間たちのたまり場だったりするので、そこを安息の地とすることは少ないし、他人の視線から逃れるのであれば早々に食事を終えて歩きまわることや食事を行わないで歩き回るなどの手段が有効です。もし、その行為の間に人がいないベンチなどが見つかれば最高です。そこが「自分を害すもののいない慣れた場所」になるでしょう。

 

↑ここまでは学生ぼっちの話

↓ここから社会人ぼっちの話

社会人ぼっち

なんで生きてるかわからない人 和泉澄25歳

学生ぼっちは行動に表れやすいですが、社会人ぼっちは思考に表れやすい。

きららはきらきらしているのですが、こっちはきらきらしていない上に等身大の話が書かれているので余計に辛い。でも、最後の2話は救われた。だから好きなの。

ポイント①なんで生きているのかわからない

f:id:huzai:20190403000323j:plain

生きるために働いているので起きなくてはいけないのですが、なんのために生きているのかわからないんです。

起きないといけない、働かないといけない、でもなんで?

そこに理由を求め始めると底なし沼に沈んでいくのでできるだけ考えないようにして生きている。普通の人間であれば自身の思考で道を切り開いていけるのかもしれないけれど、普通になれなかった自分がたどり着く先は地獄しかなくて、どれだけ考えてみたりしても悪い地獄かましな地獄かの二択でしかないんです。

25歳という年齢になると夢に向かってきららジャンプすることもできないので、線路に飛び出した、くらいしかやれることはないです。死は救済。

 

ポイント②時間だけを重ねていく。

f:id:huzai:20190402235252j:plain

自分が重ねたのは齢と皺だけ。最強伝説 黒沢でも同じような話がありましたよね。

ぼっちがぼっちになる理由の一つに他人から逃げることが挙げられるのですが、社会人に入ってからは経験値と行動に応じて人生のスピードが急速に変化します。というよりは先に進むための衝立がなくなるんです。これまで足の速い人を学校にとどめてくれていた衝立が。学生の時分から時間の壁に押されて学校から排出されただけのぼっちがそうした人々についていけるわけもなく、同期から同級生から置いていかれていく。

そうした感覚がより他人を遠ざけていく。ぼっちになる。

 

終わりに

「無能・社畜・ぼっち」の大三元を揃えてしまったらおしまいです。

実際問題はセーフだったとしても個人の心の部分がアウトです。耐えられません。

頑張って幸せになりましょう。

あなたの代わりに社会(わたし)が夢をみせてあげる。

夢が叶えられなかったのなら、
また別の夢を叶えればいいのよ。
社会が貴方に夢を提供します。

人類の夢は社会が見せてあげる。

労働の果てには何があるか、
労働の果てにあるのは「幸福な家庭」だ。
結婚をし、子を育み、一軒家を持ち、車を買って、偶の休みに遊びに行くことができる……そんな幸福な世界が労働の果てにはあるのです。だから、そんな辛そうな顔をして働かないで。幸福には試練がつきものだから。みんな苦しんでいるから。みんな嫌な思いをしているから。あなたの悩みは他の人に比べたら幸せだから。だから、もっと笑顔で働いて。タイムカードを切ってから働いて。労働のための準備の時間は労働時間じゃないのよ。通勤時間だって労働時間じゃないでしょ?だから、あなたが会社のために有益な仕事をしたら、その時間だけを労働時間にすればいいの。朝礼であなたに目標を叫ばせるのはなぜだと思う?終業後に目標に対する活動を叫ばせるのはなぜだと思う?月に一度部署で一番の給料泥棒を発表するのはなぜだと思う?君が幸せな家庭を手にいれるためなんだよ。本当の幸いを得るためなんだ。つらいことを乗り越えるからこそ、成長できるんだ。幸せになれるんだ。



―――俺もやったんだからさ。お前もがんばれよ。
あったかもしれない人生なんて考えてないでさ。
男なら……数字で語れよ!



なにやってんだろう。

男なら数字で語れ、って最高な言葉ですよね。
年収とか、労働時間とか、身長とか、睡眠時間とか、ノルマとか、経験人数とか、男はみんな数字で語っていきていく。

はい。なんだか疲れましたね。
明日も労働がやってきます。私たちが幸福な家庭を手に入れるために必要な労働がやってきます。
自分の夢を叶えることができなかった人は、こうして社会のために夢を見るしかないんです。
社会のために。社会のために。でも、それであなたは苦痛が逃れられることができる。
孤独から、社会の目から、何もかもから。

だから、一緒に夢をみましょう?
私もあなたも、みんなで夢をみれば、それが唯一の現実になるから。


*なにやってんだろう。

あなたの海で溺れたい。


 オタクに一番必要な能力は何かと考えると。感受性というワードが頭に思い浮かぶ。どんな作品にも人間の感情が出てくるので、それらに共感できなければどんな物語もつまらないものになってしまうのではないだろうか。というか、つまらない。

 多感な時期に多くの人間から迫害されてきたような人間は感受性が破壊されているので、オタクコンテンツを心から楽しむことはできない。彼女達が作品の向こう側で見つけてしまうきらきらわくわくの種を見つけることはできず、ただただ彼ら彼女らの不幸に共感することしかできない。そして彼ら彼女らが人間関係ではっぴーになる様子を見て、自分が少し救われたような気持ちになるのである。

 そういう風に考えると、多感な時期に十分に感性を働かせて人生を楽しんでいた人間の方がオタクコンテンツに慣れ親しむことができそうなものである。が、人生を楽しんでいる人にとっては現実の人間関係がはっぴーなので、オタクコンテンツの向こう側にあるはっぴーは、別段必要ではないのである。最近では、その中間にいる人間がオタクコンテンツを楽しんでいるような気がしており、迫害されたオタク達は家の中で引きこもり、オタクになれずに死んでいく。

 そして、そういう感受性の死んだオタクは彼ら彼女らの感情に触れることはできないので、その感情を生み出すための仕組みの方に手を伸ばしてみたり、仕組みこそが主体となるミステリーな領域に手を伸ばしたりする。まぁ、感受性が低くとも楽しむことのできる領域に手を伸ばす訳です。そうすると感受性は育たなくなっていき、オタクとして死んでいく。

 オタクというかぼっちの話だな、これは。

 

 そういう環境のせいにするのはなんだが卑怯者のような気がするが、ぼっちはその防衛機能として感受性を鈍化させていき、そしてその結果として何も楽しめなくなる。

 

 それをどうにかしたいと常々考えている。

 感受性が低くなると、物語の解像度は低くなり何も楽しめなくなる。何も、というのは極端だがシステム的な楽しみ方しかできなくなってしまう。だからこそ、できるだけ感受性を高めていきたいのである。そうすればきっと、もっと楽しめるような気がするから。

 

 まず第一に関係してくるのは「記憶力と集中力」であると考える。まず、「記憶力」の問題。欲は言わないが長編小説が読める程度には記憶力が欲しい。私は、数頁前の出来事を記憶していないことが多々あり、「なぜこうなったのか」が分からないまま読み進めてしまうことがよくある。言葉の上を滑っているのであるのだとも思いたいが、あんまりにも覚えていられないのでこれはそもそもの記憶力の問題だと思い始めている。覚えていられないから、感情が連続せずに、事実を事実としてしか認識することができていない。これが真実なのかは分かりませんが、一理はあると思っている。

 もう一つの「集中力」の問題。これはあるあるな話で、言葉の上を目が滑っているだけの状態だったり、話を聞いているようでいて何も聞いていないという状態が頻繁に発生する。これももうなんかトレーニングとかでなんとかなったらいいんだけどな。どうしたらいいかわからん。

 


 とか、書いてみたりしたものだけれども、そんなことで感受性とかが養われるものだろうか。養われるのかもしれないけれどそれ以上に大切なことは正しさを求めないことじゃないだろうかと思う。特にぼっちにとっては。大衆の正しさから外れてしまった感覚の強いぼっちは何かにつけて「正しさ」という概念を持ちだしてくる。というのも、赤信号みんなで渡れば怖くない、といった「みんな」の概念を持っていないので、何かについて考える度に、「自分は正しい」と補強するための理由とかを求めてしまったりする。それが続くと「正しさ」のために行動が雁字搦めになったりして辛みが増す。だから、「自分の感情」を追求してそれを大切にするしかないのかと。

 

 それ以上に、「あなたと同じ風景がみたい」というのが真実なので、「あなた」という正しさについて行けない「わたし」が無能でしかない、という認識は変わらない。結局のところ、それを受け入れてやっていくしかない。なんて無情。

特筆すべきこともなき夜に

 

今日は本当に書くことがない。

なんて書き出しをしてしまうと、文章が書けなくなるものであるが、頑張って書いていきたい。

 


昨日買った澁澤先生の作品、「快楽主義の哲学」なる本を読んでいるが、これがまた面白い作品。

 


「幸福とは苦痛の欠如だ」

「幸福とは、静かな、あいまいな、薄ぼんやりした状態であって、波風のたたない、よどんだ沼のようなものです」

「「できそうもないことには最初から手を出さない。実現可能な範囲だけを、是が非でも守ってゆく」というけちくさい現実主義が、現代青年のあいだに、幅をきかせているような気がします。」

 


<カット>

規範に従うことは苦痛の欠如に繋がるかもしれないが、そこに快楽は存在せず、私が存在している意味も無くなってしまう。

自分の欲するところに快楽が存在しており、それをコントロールしなくてはならないのである。

<カット>

 


幸福でいたいと願うばかりに、自分の快楽を求めることができなくなっていたなあ、と思い返す。代償行為的な幸福ではなくて、ただただ気持ちが良いと思えるような行為が自分の内側から消えつつあるのではないか。パチンコなどがまさにその極みで寂しさを上書きするためだけに続けているようなものなので、多分、本当は、必要ないことなのだ。

 


意志の力、という言葉があるが、

多分それはこれにも近いことで、

快楽を解放させることができれば、それがあなたの意志になる。大事なのは欲すること。

 


それができれば自分が気持ちよくなるために意志の力は増大していくのだから。

 

オナ禁をすると性欲が増し、ナンパの成功率が上がると言うが、多分そういうことだ(どういうことだ)。欲望=快楽を求める力=意志の力=行動という形で結びついて結果に到達する。

 


欲望を自覚し、それを発露することが大切。

そうすることでしか大人になることはできない。

 


欲望をコントロールする力。

 


これが、澁澤先生の仰ることなのかは分からないが、まずはこのように私は解釈した。

残りのページも読み進めながら考えていきたい。

 

 

 

後、最後。

やはり、書いた文章は見返されるべきだが、

読み返すだけの気力が通常時には発生しないと思う。

というよりもソレをしていたら疲れ果ててしまう。

 


ので、やはりまずは一週間で管理をしようと思う。

文章を一週間単位でPCに格納していき、それを加工してブログに載せてみたりする。

そうすることで、発露する場所を作成する上に、自分の感情を再確認することができる。

それを積み重ねていくことで何かが得られるかもしれない。