読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huzai’s blog

「ぼっちの生存戦略」とか「オタクの深化」とかそういうことについて考えています。

貴方の普通は私の特別

思考メモ

 

 

貴方にとって普通なことは、私にとっては特別なことです。

私にとって普通なことは、誰かにとって特別なことです。

 

◆世界の普通

社会一般からみた「普通」という基準に達するのには「努力」が必要になります。

「普通の学生生活」を送るには、「普通の学生」を目指して努力をする必要があります。

何もしなかった人は「普通」でいることはできません。

 

◆他人の普通

誰かが言っている「普通」というものが、そのまま私の「普通」にはなりえない。

リア充の一日と、ぼっちの一日が異なるように、人によって「普通」は異なります。

 

私にとっては「特別」なことが、誰かにとっては「普通」な出来事にすぎないことも往々にしてあります。

 

◆私の普通

逆説的に、私の普通は、誰かにとって特別なものになりえます。

私が特別な努力を必要としないと思うことが、誰かにとっては努力を必要とするものであるのです。

 

◆正しい私の評価

間違った基準を自分に据えると、どこかで行き詰ってしまう。

 

周囲が押し付けてくる“普通”でもなく、自分が錯覚している“普通”でもなく、身の丈に合った自分を見つけること。

 

どうか“普通”に押しつぶされませんように。